2011/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
老いを感じること
白髪がひどいので、先日、美容院で染めてもらった
でも、また白髪が出てきている
ちゃんと、染まったはずだったのに
白髪の製造の方が早いのだろうか
耳の横部分がいけない
自分でリタッチしようか思案中だが
多分しないだろう・・・面倒だ

しかし白髪は頭髪ばかりではない
もう、そこらじゅうのお毛毛に白髪が混ざっている
ここでは、言えないがあそこもここも^^;
いやだね~
こういうところで老いって感じてしまう
いくら若いつもりでいてもだ

でも、今朝、鼻毛の手入れをしていたら
鼻毛までに白髪があったのには驚いた
大きな鼻の穴から一本ピヨ~ンって^^;



自分の中で何かが吹っ切れた瞬間であった


リーガスベコニア
お見苦しい箇所があったことをお詫びいたします( ̄ー ̄;


スポンサーサイト


 
お雛様
私は三姉妹でしたが
なぜか家にはお雛様がなかった
でも、不思議に一度も欲しいとは思わなかった
友達の家に華やかに飾ってある5段飾りを見ても
うらやましいと感じたことはない

むしろ、あの人間然とした姿が怖くて
夜中には動き出すのではないかと
そんな心配ばかりしている変な子供だった

結婚して娘が生まれて
両親は狭いアパート住まいだからと言って
小さなお雛様を買ってくれた
それすら、私は最初の2,3年だけしぶしぶ出したが
しばらくすると、アパートに置く場所がないと
実家に持っていったままなのだ

3月の節句はいつも実家が祝ってくれていた
小さなお雛様は実家で大切にされていた
そういうものだと娘も思っていたらしく
彼女も家では飾ってとは言わなかった

いつの間にか年月も経ち、娘も独立し、
お雛様は忘れ去られ、実家の納戸に眠っている
年老いた両親と静かに時を過ごしているだろう

私も年を取った
お雛様を怖いと思うこともなくなった
むしろ、あのお雛様の妖艶な顔つきに魅せられている
昔の昔のお雛様たちの美しい年輪
せめての罪滅ぼしに、こうやって写真を残そうと思う
DSC01312_convert_20110212232815.jpg
                                       江戸時代のお雛様・・・瀬戸市


ああ、でも実家のお雛様
もしかしたら、髪の毛が伸びていたら
どうしよう
やはり、怖いかも~~^^;


 
蘭丸は見た
ダイエットしてんじゃないの~~?

俺は見たぜ
かあちゃん、今度は芋ケンピ食ってる


間違ってフラッシュを使ってしまった一枚
蘭丸がふすまの向こうでびっくり顔でした

そう・・・お気づきの方がいらっしゃるようで^^:
我が家のふすまは穴だらけ
犯人は言わずとしれた猫様方です
毎年年末には張り替えようと材料を揃えるも
蘭丸たちが嬉々として穴の開いたふすまで
遊ぶ姿を見るにつけ
ま、いいか~~の心境になってしまうのです



ワクワク^^


まだ~~??

この穴に猫じゃらしを突っ込むと
ふすまの向こうの猫がもれなく釣れるのです
それは楽しい楽しい遊びらしく
3匹とも大喜びいつまでもやってとせがみます

でも、釣る側にしてみれば
ガッと突然に穴から爪が総出の前足が飛び出してくるので
ちょっと命がけゲームになるのです


 
四十の手習い
昨日の予告なあったのは・・・

実はこんなもの買っちゃいました~~^^
19800円
これからの人生の伴侶となるかは
誰にもわからない
 border=

ついでにギターコードもわかりましぇん(涙


 
予告
恵方巻きとロールケーキと
プリンとピーナッツの食べすぎで
胃の調子がすこぶるよろしくないのです

本当はニュースな出来事があったのに
もう写真とかアップする気力がありません

次回のお楽しみということで・・・

その次回がいつかは
そう、神のみぞ知るところ

アーメン ソーメン、にゅうめん食べたい・・・


 
ランキング参加してます
これも押してね

人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
はなねこ日和はリンクフリーですので お好きにお持ち帰りくださいませ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
15時19分に蘭丸も登場!!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。